立体視の中枢処理−情報最前線−
立体視:両眼視の視差を情報処理…高次の視機能

後頭葉→背側経路→頭頂葉:物体視(What?)
     →腹側経路→側頭葉:空間視(Where?)

立体視の関連中枢
  functional MRIにて血流信号をMRIで検出
  差を解析し脳賦活部位を同定

 静的立体視
  RDS random dot stereogram
  RDC random doo circle
  差=視差刺激
  右半球優位
   a.後頭葉背側
   b.頭頂葉背側

 動的立体視
  SS static stereopsis
  DS dynmic stereopsis
  右半球優位
   a.後頭葉背側
   b.頭頂葉背側
   c.後頭側頭接合部

 V3-V3A complex
  両眼視差
  後頭葉背側の賦活部位

 頭頂葉PG野:空間視
  VF neuron 固視
  VT neuron 追視

まとめ
 立体視は右半球優位
  右半球障害→立体視障害
 両眼視機能は後頭葉のみならず頭頂葉を中心とする背側経路が深く関与

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.