ドライアイとムチン
T.ムチンとは
 タンパク質+多糖体が結合した糖タンパク
 生体では粘膜を潤し、粘膜の損傷を防ぐ
 高分子…アポムチン+糖鎖
 タンデムリピート
 Oグリコシド結合…他のタンパクはNグリコシド結合
  セリンorスレオニン+アミノ酸
 糖鎖(O-グリカン)でいっぱい(質量で55%)

分泌型と膜型
 分泌型ムチン
  @ゲル形成ムチン
  A可溶性ムチン
 膜型ムチン
  膜貫通ドメイン
 
 分泌型+膜型…MUC1〜MUC21のサブタイプ

眼表面におけるムチン
 分泌型ムチン
  結膜胚細胞から分泌
   MUC5AC(ゲル形成ムチン)
  ヒト正常結膜
   MUC5AC(分泌型ムチン)

 膜型ムチン
  microplicae(微絨)に結合
   MUC1,4,16
  膜型ムチンがGlycocalyx(糖衣)を形成
  NUC16発現…上皮細胞の最も表層

 涙腺 MUC7
 結膜胚細胞 MUC5AC
 結膜上皮細胞 MUC1,MUC4,MUC16

涙液の構造
 油層
 液層 分泌型ムチン…液層をゲル化(分泌型ムチンは負の電荷を帯び涙液中に広く拡散するため)
 上皮 膜型ムチン…眼表面の濡れ性とバリア機能

涙液中のムチン
 分泌型ムチン
  MUC5AC,MUC7
 膜型ムチン
  MUC1,MUC4,MUC16
 
 *分泌型だけでなく膜型ムチンも見られる
 
CLに付着するムチン
 CLタンパク質はCLの電荷によって異なる
  正電荷のタンパク質は負電荷のCLに付着
  負電荷のタンパク質は正電荷のCLに付着
 ムチンは負電荷
  涙液に存在するすべてのムチン(負電荷)が正電荷のCL(EtafilconA)に付着
 電荷以外の問題もある
 影響
  長所…CLの水濡れの助けになる
  短所…病原体の付着する足がかり


U.ムチンの眼表面における役割
 涙液保持
  眼表面を潤滑にする
  スムーズな球面→視力
 バリア
  病原体やデブリスを捕獲(くっつく)

 cf:生体材料表面
     水濡れ↑
     タンパク質吸着↓
     細胞・バクテリア吸着↓

眼表面におけるムチンと水濡れ
 涙液中ムチン…拡散
 膜型ムチン…上皮と親水性

BUT短縮型ドライアイ
 BUTのみ極端に短い(1〜2秒)
 乾燥感の訴えが非常に強い
 F染色:多くは円形のスポットを生じる
  (通常BUは縦線状に起こることが多い)
 ムチンが関係…ムチンが少ない

眼表面におけるムチンのバリア機能
 ローズベンガル染色、リサミングリーン染色
  ムチン(+)→染色(−)
  ムチン(−)→染色(+)
 ムチン糖鎖による感染防御
  ムチン糖鎖を抑制すると角膜上皮細胞において細菌の接着↑
 Galecin-3が糖衣の安定化に関連する
  膜型ムチン+Galacin-3が結合した状態でバリア
 細菌により膜型ムチンが切れてローズベンガル取り込み↑
 細菌以外ではBACが眼表面に影響


V.ムチンとドライアイ治療

シェーグレン
 結膜胚細胞密度↓
 結膜上皮と涙液でMUC5ACの発現↓

ドライアイ治療
 水分補充
 涙液を長く保持させる
 蒸発を防ぐ
 眼表面の破壊を改善
 親水性にする

ムチンをドライアイに投入すれば?
 ムチンは結晶化しない→点眼液作成は非常に困難

 cf:ムチン精製の成功例
   クラゲからクニウムチン
   将来的に眼科領域へ導入?

ムチン分泌促進薬
 P2Y2受容体作動薬
 15-HETE
 レバミピド(胃粘膜保護)
 エカベトナトリウム(胃粘膜保護)

 レバミピド
  胃で様々な粘膜保護作用
   ムチン様糖タンパク産生↑
   細胞進展・増殖
   ピロリ菌接着抑制
   炎症性サイトカイン抑制
  ムコスタ…胃で粘液の著明な増加
  レバミピド点眼
   胚細胞増殖、粘膜ムチン増加

 ジクアホソルナトリウム
  結膜のP2Y2受容体に作用
  胚細胞からのムチン分泌↑
  結膜上皮からの水分分泌↑

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.