ちょっと本気で眼形成外科
T.上眼瞼下垂と下眼瞼内反症

上眼瞼下垂
 鑑別診断
  @先天下垂
  A後天下垂
  B偽眼瞼下垂

 @−1 先天下垂:単純性
 @−2 先天下垂:瞼裂狭小症候群
 @−3 先天下垂:マーカスガン
 @−4 先天下垂:先天外眼筋線維症

 A−1 後天下垂:動眼神経麻痺
      重症筋無力症
       テンシロンテスト
       上方視テスト…30秒後下垂
       バセドウ病を合併しやすい
        バセドウ病もMGを合併しやすい
 A−2 後天下垂:慢性進行性外眼筋麻痺
      Kearus-Sayre症候群…網膜色素変性症+
 A−3 後天下垂:眼咽頭ジストロフィー
      フランス系カナダ人
 A−4 後天下垂:ホルネル症候群
      交感神経麻痺…縮瞳
      フェニレフリンテスト→眼が開く
 A−5 後天下垂:外傷性
      手術せず自然回復を半年待つ
 A−6 後天下垂:機械性
      例)粘液腫

 B−1 偽眼瞼下垂:眼瞼皮膚弛緩症
 B−2 偽眼瞼下垂:眉毛下垂
      眉毛を上げる
 B−3 偽眼瞼下垂:眼瞼痙攣
      BUT短縮…ドライアイと誤診される
      治療:ボトックス
 B−4 偽眼瞼下垂:無眼球
      義眼床形成
 B−5 偽眼瞼下垂:眼球陥凹
      例)眼窩底骨折
 B−6 偽眼瞼下垂:下斜視
      例)甲状腺眼症
 B−7 偽眼瞼下垂:バセドウ病眼症の片眼眼瞼後退の反対側
      治療:患側の眼瞼延長
 B−8 偽眼瞼下垂:外斜視の片目つむり


下眼瞼内反症
 退行性下眼瞼内反症…加齢性
 先天性睫毛内反症
  手術適応
   流涙、眼脂多い…適応
   少々のSPK…非適応

 睫毛乱生
  麻痺性下眼瞼内反症
  瘢痕性下眼瞼内反症


U.眼瞼の腫瘍
 
 霰粒腫
  治療
   自然経過
   ステロイド注射
   手術…軽結膜法
    上眼瞼…動脈は瞼縁から3mm
    下眼瞼…動脈は瞼縁から4mm
 癌
  粥状物(−)
  5〜10%に誤診例

  脂腺癌
   高齢女性の上眼瞼に多い
   1/5 初診時、霰粒腫と誤診
   50才以上→悪性腫瘍の可能性大
   通常の霰粒腫の性状と異なる→全例病理検査を行う慎重さが必要
   繰り返す霰粒腫→悪性腫瘍を疑う
   やや◎えぐれ(+)
   ◎毛がなくなる
   結節型・浸潤型
   移転率 17〜28%
   5年生存率 90%以上

  基底細胞癌
   後発部位:下眼瞼内側部>内眥部
   転移 0.02〜1%
   5年再発率 初発例で0〜2%

  扁平上皮癌
   結膜から発生
   薄い皮膚色の高齢者(とくに60才以上)


  メラノーマ
   厚さ0.76mmを超えると転移の確率高い
    細胞接着が弱いので、非常に転移しやすい
   黒い腫瘍でメラノーマ鑑別困難な場合、生検は不可
  

 脂漏性角化症
  表皮由来…表面ざらざら

 母斑
  真皮由来…てかてかしている

 2week rule
  悪性腫瘍は生検2週間以内に手術…理想、現実には無理

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.