スギ花粉性結膜炎患者のニーズと治療
スギ花粉性結膜炎
 スギ特異的IgE抗体による典型的T型アレルギー
 症状出現1週間以内に受診する患者が多い
 85%以上に鼻炎合併
 発症後10年以上続く慢性疾患

 スギ…3月
 ヒノキ…4月
 黄砂…3〜4月、皮膚炎を伴う

季節性アレルギー性結膜炎(SAC)…37%(今はもっと↑か)
 スギ花粉症はSACの84%
通年性アレルギー性結膜炎(PAC)…48%(今はもっと↑か)

スギ花粉飛散量
 症状の強さは飛散量に相関
 年差・日差あり
 気温↑・湿度↓・日照時間↑のほどスギ花粉飛散↑

 開始日は1月の最高気温の積算温度と相関
  暖かいほど花粉は早く飛び出す
  大阪ではバレンタインデーあたりが飛散開始日

アンケート結果
 自覚症状 かゆみ↓充血↓
  H1>メディエーター遊離抑制薬>市販メディエーター遊離抑制薬
 初期療法
  飛散2週間前から
 認知度 知っている13% 知らない63%
 満足度 非常に31% やや57% 不変12%

イムノキャップラピット(CapRAST法)
 ヤケヒョウダニ、ゴキブリ、ネコ、イヌ、ブタ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ
 5分待って15分で展開(計20分)

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.