麻痺性斜視への取り組み
斜視の治療目的

 子供→両眼視機能の獲得

 大人 
  複視(+)→複視の消失
  複視(−)→整容、眼精疲労の消失

麻痺性斜視

 予後
  複視消失率 約9割が自然寛解
  しかし外傷性は5割しか治らない

 検査
  眼位、ヘス、9方向写真
  頭部CT・MRI…頭蓋内病変、甲状腺眼症、骨折等
  採血…甲状腺異常、重症筋無力症

 斜視の種類
  水平
   固定内斜視…脱臼
  上下…滑車神経麻痺等、Head tilt
     代表的手術:Knapp術(水平筋上方移動術)
  回旋…甲状腺眼症等
     代表的手術:下直筋鼻側水平移植

   回旋の有無
    眼底写真で中心窩が乳頭の中央から下縁の間にあれば正常

 複視消失の目標
  正面位、読書眼位での消失
  全眼位での消失は無理

 手術回数
  微調節を含む2回をあらかじめ予定

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.