内皮細胞数正常かつ形態正常
 健常
  内皮数 2,500〜3,000
  HX 60〜70%
  CV 0.25〜0.3
内皮細胞数正常かつ形態異常
 現在、内皮にストレス(+)
内皮細胞数異常かつ形態正常
 過去において異常があった
内皮細胞数異常かつ形態異常
 現在異常が進行中

角膜内皮細胞数<400 → 水泡性角膜症


滴状角膜
 内皮面に生じる多発性の疣状突出

Fucks角膜ジストロフィー
 原発性、両眼性に角膜内皮に滴状角膜を生じる
 AD
 水泡性角膜症に対する角膜移植…DSAEK

 Type分類
  FFC D1(late-onset,classic)
 FFC D2(early-onset)

 年齢と性別は水泡性角膜症に影響を与えない
 手術暦(内眼手術、レーザーPI)が水泡性角膜症の危険因子

 cf:Non-guttate Fucks
   進行性に内皮細胞密度↓(原因不明)
   Fucksに類似、しかし敵状角膜なし
   落屑が関連?
    落屑症候群→内皮細胞数減少

DSAEK (vs PKP)
 術後乱視が軽度…無縫合のため
 術後早期に内皮細胞が30%減少、以後維持と考えられている
  PKPでは年々一定率が減少

DMEK
 グラフトのデスメ膜と内皮だけを剥いで移植
DSAEKのアップデート

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.