ドライアイの治療戦略 2011
1.内科的治療(点眼)
 ステロイド点眼を使う場合
  ・炎症が強い
  ・糸状角膜炎
  ・Patchy pattern
 アメリカではサイクロスポリン点眼が 1st choice だが効くのは1/3
 ドライアイ補助器具
  ・ドライアイ眼鏡
  ・加湿器
 点眼治療は軽症例に、重症例は外科的治療

 ヒアルロン酸
  蛋白がなく、糖鎖豊富
   水分の多い眼に入れると保水効果がある
   水分の少ない眼に入れると、かえって水分を吸収して乾燥が悪化
ジクアス点眼液
  2分後には、著名なムチン分泌促進作用
  胚細胞は60分でムチン貯留が回復
  涙液分泌促進作用の持続
  刺激・しみる(10%前後)→あらかじめ説明しておく

2.外科的治療
 1)涙点プラグ
  長所 高い効果
  短所 とくにパンクタブルプラグで
     涙点部の腫脹・肉芽の形成(24%)、バイオフィルム形成、
プラグ脱落、脱落による涙点拡大
  (1)シリコン製プラグ
   種類によって特性は大きく異なる
   留置率
    パンクタブルF>パンクタブル>スーパーイーグル>
    スーパーフレックス>フレックス>イーグル
  (2)コラーゲンプラグ(キープティア)
   アテロコラーゲン
    冷所保存
    体温にて、コラーゲン繊維素→再繊維化(ゲル化)
     15分くらいかかる。瞬目を防いだ方がよい
    使用15分前に室温にしておく
    特徴
     どんな涙点の大きさでもよい
     はずれない
     涙点への影響がない
     効果の持続は1〜2ヶ月
     留置されているか視認できない
    適応…シリコン製に置き換わるものではない
     一過性の術後ドライアイ
      LASIK…2〜3ヶ月感覚↓、白内障等
     軽度のドライアイ
     シリコン製涙点プラグに移行のステップ
     涙点が非常に小さい(大きい)症例
     シリコン製が使えなくなった症例
   シリコン製プラグとコラーゲンプラグの比較
    シルマー値 シリコン製 5.3mm↑ コラーゲン製 2.2mm↑
    角結膜上皮障害スコア シリコン製 2.0pt↓ コラーゲン製 4.4pt↓

 2)外科的涙点閉鎖
    閉鎖率 94%

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.