ドライアイ:診断のアプローチ
ドライアイの「新しい」定義
 ・ドライアイとは、様々な要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患
 ・眼表面疾患を包括する広い概念
 ・単一疾患ではない
  ・症候群
  ・サブタイプ(病型)の診断が重要
 ・共通する病態もある
  ・「涙液膜の不安定性」

検査・診断法
 ・角結膜上皮障害を検出する検査
 ・涙液の検査
  ・シルマーとBUT
  ・「涙液膜の不安定性」を検出するため
 ・フルオレセインを活用することが重要
  ・利点 細胞毒性が低い
  ・結膜上皮の観察も重要
  ・中央から下方1/3に強いが、輪部には接しない
  ・シェーグレン症候群…Patchy pattern
  ・瞬目不全…SPKが下方にあって区画性
  ・下方に限局したパターン
    マイボーム腺機能不全
    結膜弛緩症
  ・上方に限局
    SLK
    SEAL superior epithelial arcuate lesion
  ・フルオでも結膜上皮障害観察可能
   ・バックグラウンド pooling に注意
   ・時間が経つと全体的にstainされてしまう
  ・Marx’s line も見る
    粘膜皮膚移行部の変化に注目
     MGDではirregular になる

ドライアイの診断:涙液の検査
 「涙液膜の不安定性」の検査
 BUTの測定が基本
 BUする機序
  @涙液の蒸発説
  A表面張力説
 BU不安定化の4つの因子
  @涙量↓…シルマーテスト
  A表面張力↑
  B蒸発↑
  C角膜表面の水濡れ性↓

 1)涙量↓
  シルマーT法(正常≧10mm 異常≦5mm)
   再現性は以外に高い
   涙液減少型の診断に必須
   患者さんにはやや苦痛
   メニスカス高で涙液分泌量を推定できる
 2)涙液の表面張力↑
  表面張力↓の方が有利
  脂質の関与が大きい
  臨床的にはマイボーム腺の観察で評価する

  閉塞性MGD
   開口部の閉塞…続発性炎症
   乾燥した塞栓…内容物を圧出すると一時的に軽快
  脂漏性MGD
   瞼縁の泡形成 foaming
    リパーゼで脂質が分解され、遊離脂肪酸↑(鹸化反応)
    細胞障害性
    海面活性作用
    細菌培養ではブドウ球菌検出
 3)蒸発↑
  ドライアイは涙液減少型と蒸発亢進型に大別される
  涙液の油層が蒸発抑制に大きな役割
 4)親水性↓(ムチン異常)
  疎水性の細胞表面と涙液をなじませるにはムチンが重要
  臨床的には.ローズベンガル
  研究的には、WGA(Wheat Germ Agglutinin)による膜ムチンの染色
  SCL装用者ではBUTは短縮
   ムチン減少型ドライアイか?

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.