緑内障:眼圧・血流・細胞死
中途失明の原因(2001〜2004)
 1位 緑内障、2位 糖尿病網膜症、…

緑内障の乳頭
 視野異常と一致

T.眼圧
・緑内障の原因:機械説
・高眼圧症は10年で10%が緑内障に移行
・緑内障に関連するエビデンスをもった唯一のパラメータ
・その絶対値は緑内障を定義するものではない
・将来を予見するものではない

U.血流
・緑内障の原因:血流説
・血流改善がもたらす緑内障への影響
・眼底血流改善作用をもつ薬
  カルテオロール:内在性交感神経刺激作用
  ニプラジロール:一酸化窒素(NO)

細胞内情報伝達機構
・受容体
・G蛋白に共役
・エフェクター(セカンドメッセンジャー)
・細胞の代謝コントロール
・レセプターにリガンドがはたらく
  細胞内ドメインの構造が変化
  G蛋白

活性の測定
・細胞内カルシウム↑
  カルシウムイメージング
・PIターンオーバー、cAMP↑
 →血管を開いて血流↑

カルシウムイメージング
・細胞内Caに反応する蛍光物質を吸収させておく
・リガンドを刺激
・カルシウムチャンネルを開きCa↑
・蛍光を発する

V.細胞死
・緑内障の原因:プログラムされた細胞死説
・アポトーシス
・正常眼圧(低眼圧)緑内障の犯人?

緑内障には網膜神経節細胞のアポトーシスが関与する
アポトーシス抑制と神経変性疾患の治療
・アルツハイマー病等
・緑内障

アポトーシスとNO(一酸化窒素)
・NOはcGMP依存的なカスパーゼシグナル伝達を阻害することでアポトーシスを抑制
・一方で大量のNOはアポトーシスを促進する

NOと緑内障
・NOは緑内障に関与
・NO供与体
  ニプラジロールはNO供与体と作用しアポトーシスを抑制
・NOと転写因子HF-kβ
  核の断片化をコントロール

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.