ドライアイ診療のポイントと
ムコスタ点眼液の可能性
ティアフィルム
 2層から成る
  油層
  液層…水分+分泌型ムチン(ムチンゲル)
 膜型ムチンは上皮のコンポーネント

開瞼
 液層にくぼみ dimple
 Gibbs-Marangoni効果
  時間がたつと均一に
  
1)油層…涙層の表面を整えて厚みを確保
2)液層…十分な水分量
     分泌型ムチンが菲薄化を阻止
3)上皮層…膜型ムチンが水濡れ性を維持

レバミピト点眼液
 薬理作用
  結膜胚細胞↑…14日間以上の点眼で
  結膜ムチン↑
  角膜ムチン↑
  角膜上皮細胞↑
  角結膜上皮障害を修復

 臨床試験
  ドライアイ患者で
   フルオレセン染色改善
   リサミングリーン改善
   BUT改善
   自覚症状改善
  V相試験
   フルオレセン・スコア ムコ>ヒア
   リサミングリーン ムコ>ヒア
   自覚 異物感・眼痛でムコ>ヒア

 ムコスタ点眼液
  ユニットドース、防腐剤フリー
  副作用
   苦味 23%
   眼刺激 2.5%
   掻痒感 2.2%
   霧視 1.2%

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.