強度近視眼に続発する黄斑疾患の外科的治療とOCT
強度近視は重要な失明原因
 Low vision @緑内障 A糖尿病網膜症 B強度近視
 Blind @緑内障 A強度近視 B糖尿病網膜症

眼軸長はずっと伸長し続ける

近視眼黄斑疾患の進展形式
 中心窩分離症
  ↓比較的緩徐…進行予防、早期診断、適正な時期の介入
 黄斑円孔
  ↓比較的急速…確実な復位、迅速な対応
 網膜剥離

網膜分離症
 網膜剥離…ONLとRPEの間
 網膜分離症…ONLより内側のいずれでも

 潜在的牽引(+)

 cf:中心窩はMacular cell coneというグリアのみからなる組織が栓の役目をしている
     これがあれば網膜分離症、なければ黄斑円孔

 分類
  早期分離型…愁訴なければ経過観察
  早期中心窩剥離型…手術適応 
  進行期分離型
   牽引の完全除去
    硝子体皮質、網膜前膜
    内境界膜

近視黄斑円孔の分類
 Flat type…網膜嚢胞、安定
 Schisis type…進行速い→早い手術が必要(円孔形成の前に)
        網膜が足りない状態…円孔が閉鎖しにくい

黄斑円孔の初回復位率 7〜8割
再手術…黄斑バックリング

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.