緑内障治療の原則=神経保護治療

GONは多因子で患者背景も複雑

NTGにおける眼圧下降治療の限界
 GON…外側膝状体は皮質変性も起こる
 アルツハイマー・パーキンソンでは緑内障併発多い
  アルツハイマー発症に関するAPO遺伝子多型はPOAGと関連

DM、眼圧、近視、自己抗体、家族歴は網膜神経節細胞のアポトーシスに影響
…神経保護治療の有用性

治療標的
 エンドセリン受容体
 Caチャンネルblocker
 グルタミン酸ブロック
 TNFαブロック
 酸化ストレス←ビタミン、ポルフィリン

候補薬剤
 点眼薬 LAT、TAF、BIMは in vitro で有意な保護作用あり
     (アポトーシスを抑制)
     TRA、UNOではなし

βブロッカー
 ベタキソロール…Caチャンネルblocker
 ニプラジロール…NO放出
 チモロール…Caチャンネルblocker
 カルテオロール…抗酸化作用、スーパーオキシドアニオン抑制

日本人NTDと酸化ストレス
 酸化ストレスが緑内障眼で強い
 房水中で酸化物顕著
 日本人では血中VC低い

α2アゴニスト(プリモニジン)
 ブリモニジン対チモロール…(米)有意差(−)
 ニプラジロール対チモロール…(日)有意差(−)
 ブリモニジン対チモロール(眼圧以外の神経保護因子)
  9%対39%で、視野の進行が有意に少ない?

内服薬
 内服可能な神経保護薬
  Caチャンネルblocker
  抗アレルギー薬、免疫賦活薬
  スタチン(高脂血症薬)
  サプリメント(フラボノイド等)

Caチャンネルblocker
 血管:血管平滑筋弛緩→抹消血管拡張
 神経細胞:Ca過剰流入の抑制→神経細胞死の抑制
 ロメリジン…脳血管選択性高(偏頭痛治療薬)
 ニルパジピン…正常血圧には影響しない
  高眼圧性RCC阻害を抑制
  早期NTG患者ではGONを抑制?

サプリメント…抗酸化剤
 アスタキサンチン
  サケ・カニのカルテノイドの一種
  強力な抗酸化剤
 ω-3脂肪酸
  魚類のDHEA
 イチョウ薬エキス
  30種類以上のフラボノイド
  強力な抗酸化作用
 フラボノイドとは
  植物に含まれる色素成分の総称
  動物では合成不能
  強力な抗酸化作用
  ルチン…かなり低濃度で有効(ダッタンソバ)
  ケンフェロール
眼圧非依存障害因子に対する神経保護治療の可能性

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.