白内障・屈折矯正手術とQOL
視機能検査
 視力
 コントラスト視力
 コントラスト感度

視覚系モデル
 眼球光学系+網膜大脳処理系
 
QOV評価をする検査
 上記視覚系モデルの眼球光学系を検査
  角膜形状解析装置
  波面収差解析装置
  PSFセンサー

T.白内障手術

非球面IOL
 球面収差↓

多焦点IOL
 短所
  視機能↓
   コントラスト感度↓
   グレア・ハロー
 術後不満でない 90%
 不満 まぶしさ 50%
    光のにじみ 75%
 グレア…C-Quantで測定

ケーススタディ
 1.単眼複視、極軽度白内障
    波面収差解析で高次収差あり
    →白内障手術で改善
 2.YAGレーザー術後よく見えない
    YAG後2割位で Elschnig pearl がCCC口周囲に
    →YAGで切開を大きくして改善
 3.白内障術後、光の筋が見える
    後嚢の皺が原因
    皺は自覚症状と直行する方向に
    →YAGで消失


U.屈折手術

LASIK
 角膜切除→瞳孔径↑で収差↑→コントラスト感度↓、夜間視機能↓
Wavefront−guided LASIK
 収差はわずか

ケーススタディ
 LASIK後、ハロー・グレア、夜間視力↓、眼精疲労だが視力は良好
 →偏心照射されていた。追加照射で改善

有水晶体眼内IOL
 @隅角支持型
 A虹彩支持型
 B後房支持型

 高度近視の矯正にはLASIKより適している
 高次収差 不変または軽度↑

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.