症例から見た眼光学
1.コマ収差の増大→像が尾を引く
              コマ(彗星)状の像
   コマ収差…光線が水晶体に対し斜め・非対称に入っている
   球面収差…レンズの中央と周辺を通る光線の焦点がずれている

2.単眼複視
   三重視…核白内障(球面収差↑)+Y字縫合混濁

3.retrodots(点状の水晶体混濁)
   瞳孔領面積の50%以上で視機能障害
   (ハルトマン像の滲みで確認可)

4.水晶体欠損
   実際はチン小帯欠損
   非常に大きな高次収差
   治療はIOL

5.核白内障
   近視化
   核白内障の視機能異常
    @色覚変化…黄色がかって見える
    A球面収差
    cf:後嚢下白内障…収差ではなく散乱

6.コントラスト感度の低下
   液状後発白内障
    IOLと後嚢の間に乳白色の液状物が溜まる
    治療:YAG後嚢下切開
    発症時期
    ・早期型…IOL前方偏位(+)近視化(+)
    ・晩期型…IOL前方偏位(−)近視化(−)

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.