斜視治療の課題と解決策
斜視手術の分類
 外斜視 44%
 内斜視 31%

子供の内斜視
 乳児内斜視
 後天性内斜視
  調節性内斜視
  非調節性内斜視


調節性内斜視 Acommodative esotropia
 発症年齢が遅いので両眼視機能の予後は良い
 眼鏡で治療
  遠視…単眼レンズ、多焦点レンズ、累進レンズ
 原因
  遠視(屈折性調節性内斜視)
  高AC/A比(非屈折性調節性内斜視)…多焦点レンズ

治療後の近見斜視角
 10刪ネ下
  眼鏡+プリズム+手術 93%
  眼鏡のみ       65%

近見立体視の比較
 どうしても立体視なしがある→外斜視へ移行しやすい
 プリズム、手術の追加
 先天性乳児内斜視
  6ヶ月時、100%両眼視・立体視(+)…発症時期


間歇性外斜視 Intermittent exotropia
 発症が遅い(生後6ヶ月以降)
 両眼視機能の予後は良好
 近見時は外斜位
  近見立体視は保たれやすい
 術後の戻りが多い
  とくに遠見の外斜視が再発しやすい
  遠見立体視の予後は不良
   240sec以下は30%しかいない
   術後の戻りが原因
   どんな術式でも戻る

立体視の測定
 近見立体視 Circle
  1/9 800sec
  7/9 60sec 以下で正常
  9/9 40sec
 遠見立体視…市販の器械なし

年齢と立体視の自然推移
 近見 7才で70%が80sec以下に改善
 遠見 10才で70%が80sec以下に改善
 *5才から7才までは乖離していて10才で追いつく
  就学前から小学校低学年では、遠見立体視不可は以上ではない
  間歇性外斜視は小学校高学年まで手術せず経過を見ても良いかもしれない


Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.