ぶどう膜炎の外科療法
T.診断的手術

日本の眼内炎
 3大ぶどう膜炎(サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病)
 約半数は感染症
 約4割は同定不能

治療抵抗性→生検を検討
 前房穿刺、硝子体生検…しないと分からないのがある
  例)眼内悪性リンパ腫
    粘性のある前房蓄膿…白血病を疑う


U.ぶどう膜炎と白内障手術

ぶどう膜炎と白内障
 @眼炎症それ自体が白内障を誘発
 Aステロイドの副作用

白内障手術のリスク
 @後部虹彩癒着による散瞳不良
 Aチン小帯脆弱
 B術前後合併症
 C炎症再発

白内障手術のベネフィット
 @患者が見えるようになる
 A眼底観察が可能になる…原田病が分かったことがある
 B後部虹彩癒着を解除

ベネフィット>リスクなら手術適応


V.ぶどう膜炎と硝子体手術

ぶどう膜炎に対する硝子体手術
 適応
  明らかな眼内増殖性病変
  遷延性硝子体混濁
 ストレス
  術後炎症・合併症リスクが高い
  ぶどう膜炎そのものを治せない
 コントロール
  トリアムシノロンを術後意図的に残す
   TA消失まで32日間
  硝子体に炎症因子を溜め込んでいる可能性
  →除去・クリアランス向上が期待できる可能性
 視力改善 53%
 炎症改善 94%

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.