近視性脈絡膜新生血管に対する内科的治療
強度近視
 日本では失明原因の5位
 等価球面度数 −8D以下
 分類 単純強度近視
    病的強度近視

近視性脈絡膜新生血管(mCNV)
 Type2CNV
 平坦で小型(1乳頭径以下)
 中心窩下または傍中心窩下
 正確な病態は不明
 経過
  多くは黒い色素沈着を伴うFuchs斑→網脈絡膜萎縮→視力低下
 診断
  FA:Type2CNV
  ICG:滲出性変化に乏しい
  OCT:網膜色素上皮上の隆起病変
      滲出性変化経度

 cf:特発性CNV
     mCNVと違いICGで初期に過蛍光、後期に旺盛な漏出
     mCNVと同様に若年性かつType2
 非観血性治療
  TA…効果低
  PDT…保険外適応、視力改善効果弱い
  抗VEGF…効果あり
        黄斑下CNVでは萎縮性変化が問題
   cf:VEGF
       血管内皮細胞を分裂・増殖
       血管透過性↑
       炎症性サイトカイン

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.