0.基礎知識

    副交感神経↑ →瞳孔括約筋↑ →縮瞳

          (→瞳孔散大筋↓)

    交感神経↑  →瞳孔散大筋↑ →散瞳

          (→瞳孔括約筋↓)

   ・実際には、筋力が強い瞳孔括約筋により瞳孔径が決まる。

   ・明室:副交感神経↑ →縮瞳

    暗室:交感神経↑  →散瞳

 

    光  →  中枢   →   瞳孔径

      視覚路    瞳孔運動路

     <入力系>   <出力系>

      対光反射   瞳孔径の左右差

            近見反射(輻輳・縮瞳・調節)

 

1.出力系障害:瞳孔不同

   瞳孔括約筋(副交感神経支配)× →明所で散瞳

   瞳孔散大筋(交感神経支配) × →暗所で縮瞳

 

   瞳孔径は明室と暗室で測定することが必要。

瞳孔不同…遠心路経路に限る。

瞳孔径の測定

 1)明室での測定…遠方固視、瞳孔計を縦に当て、●で比べる。下から光。

 2)暗室での測定…下から弱い光。直像鏡の光を弱くして、徹照して測る。

瞳孔不同

 1)明室で著明となる→縮瞳できない→大きい瞳孔が障害側(副交感神経×)

  @眼瞼下垂、眼球運動×→動眼神経麻痺

  A上記がない場合→瞳孔緊張症(Adie症候群…近見反射で縮瞳する)

  散瞳を伴った動眼神経麻痺…特に若年者、頭痛を合併する場合

  内頚動脈の後交通動脈分枝部動脈瘤→直ちに脳外科へ紹介(緊急)

 2)暗室で著明となる→散瞳できない→小さい瞳孔が障害側(交感神経×)

  Horner症候群…眼瞼下垂を合併

生理的瞳孔不同

 @暗所で20%が0.1mm未満〜0.4mmの瞳孔不同がある。

 A明所で20%にある。

 B0.6mm以上の差は非常に稀。

 C明所・暗所で差がない。

 

2.入力系障害:対光反射異常

   直接・間接対光反応↓

   相対的入力瞳孔反射異常(RAPD)

 

   対光反応の見方

    (半)暗室、光を横あるいは斜め下より入れる。量と速さを見る。

   RAPDの見方Swinging Flash Light Test
         暗室で遠方固視。3〜5秒間当てて、すばやく他眼に。
     正常であれば、強く縮瞳した後に少し散瞳し安定する。

     1眼の出力系障害(散瞳状態)であっても判定できる。

 

3.中枢障害:対光反応と近見反応の乖離

   Light-Near-Dissociation(LND)…対光反応(−)近見反応(+)

   ・Argyll Robertson瞳孔…縮瞳を伴う

     DM、MS、神経梅毒、慢性アルコール依存症

   ・中脳背側症候群

     後交通動脈分枝部付近を圧迫する腫瘍(松果体腫瘍等)…複視を訴える

 

   近見反射の見方

    ・明所でも可

    ・視標を5030cm手前から少し下方より近づける。

    ・しっかり視標を固視してもらう()

    ・暗室なら再散瞳を見る。

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.

このページのトップに戻る

神経学的瞳孔異常