ぶどう膜炎

ぶどう膜炎のステロイド治療

短期に炎症を抑える

  プレドニン 30〜40mg/日 週に5〜10mg減量

  ステロイドを内服開始すると、半年くらい内服を続けることになる。

前房内炎症←リンデロン点眼、サンテゾーン点眼

外眼部炎症←フルメトロン点眼

 

ステロイド内服のチェック事項

@感染症を否定する。

    感染性ぶどう膜炎←抗生物質の硝子体投与(全身投与)

    *ステロイド投与は数日遅れてもカバーすることができる。
     しかし、抗生物質は取り返しが付かない。

A全身投与の適応を確認する。

    局所療法に抵抗する重篤な眼炎症が適応。

B必要な検査をする。

    全身検査と副作用のチェック

C治療計画を持つ。

 

小児のぶどう膜炎の特徴

 @慢性になりやすい。→白内障、Band Keratopathyを引き起こす。

 Aストロイドをあまり投与できない。(リューマトレックスが有効)

 B前眼部炎症だけなら、瞳孔管理が最重要。

 Cステロイド点眼は効果がないことが多い。

 

ぶどう膜炎の診療上の注意事項

 @全身検査をする。

 Aリンデロンまたはサンテゾーン点眼、およびミドリンP点眼

 B感染症だと危険だから、結果が出るまで毎日診療する。

 C前日よりひどく悪化したら病院へ。

このページのトップに戻る

Copyright © Sugimoto Ophthalmic Clinic All Rights Reserved.